小池彩夏

3歳からヴァイオリンを始める。
2004年 桐朋学園大学音楽学部附属子供のための音楽教室入室
2009年 第3回全日本芸術協会コンクール1位
    第11回洗足ジュニア音楽コンクール奨励賞
2010年 第47回東京国際芸術協会新人オーディション合格
    第64回日本学生音楽コンクール東京大会入選
2011年 第13回日本演奏家コンクール入選
    第1回全日本芸術協会コンクール全国大会 銀賞、芸術協会賞
2012年 桐朋ストリングセミナー受講
    学内選抜演奏会出演
2013年 第17回日本モーツァルト音楽コンクール入選
2014年 N響アカデミー合格
 その他にも学内室内楽演奏会、学内オーケストラ(アルゲリッチ音楽祭、ヴィオラスペース他)に多数出演。

鈴木亜久里、恵藤久美子に師事。
2011年 桐朋女子高等学校音楽科卒業。
2015年 桐朋学園大学音楽部卒業。
北九州国際音楽祭、田中千香士音楽祭、宮崎国際音楽祭に出演

最近の活動

2020年に企画しました【Violin Plas+90min Concert vol.5 cello】で宮沢賢治のセロ弾きのゴーシュを映像化しました。

2020年3月にサローネ・フォンタナで演奏したクライスラーのドヴォルザークの主題によるスラヴ幻想曲の動画です。